ハート引越センター ホームページ

ハート引越センターの見積もりを半額にする方法をご存じですか?

↓こちらの無料サービスから見積りを取り寄せると、最大で半額まで安くなりますよ。

ハート引越センターのホームページで引越しをきめました!

 

まだ全国規模でもなく、大きな会社という訳でもないと思いますが、ホームページもしっかりしていて、見積もり、レスポンスがとても早いので、安心して初めての引越し作業を依頼することができました。

 

以前に住んでおりました家は、地上から階段を40段も上った場所に建っており、かなり重量のあるピアノを運び出す事は決して容易ではなかったと思いますが、汗をかきながらも嫌な顔一つ見せずに作業に打ち込んで下さった事には感動いたしました。

 

また、お値段も他社より良心的でした。

 

その後も家族の転勤による引越しの際にも、例えエリア外であっても担当者の方が電話で親身に相談に乗ってくださり、顧客の立場に立ったきめ細やかなサービスをして下さる会社だと強く感じました。

 

 

やっぱり大手の安心感

 

さまざまな業者を比較検討し、見積もりを出していただきました 。

 

その中でも価格が良心的であったこと、見積もりの担当者が怪しくなかったことが、ハート引越センターを選んだ決めての一つでした 。

 

そして、ある程度名の知れている業者ということがもう一つの決めてでした 。

 

安くても個人でやっていたり、聞いたことのないような業者では不安です 。

 

物が破損していたり、なくなっていたりと何かあったときのアフターフォローもきちんとしている大手の方が安心感を得られます 。

 

本州から四国への移動でしたが、到着も思っていたより早く、安心して任せることができました 。

 

 

スムーズな引越のために

 

我が家は引越し経験が少なく、ノウハウというほどの事は生憎ありませんが、本と衣類を半々の割合、もしくは本を4割ぐらいの割合で同じ箱に梱包すると、本の重さが軽減され、持ち運びの際にダンボール箱の底が抜けるなどの破損を防ぐことが出来ます。

 

そして、衣類が本のクッションのような役目も果たしてくれます。

 

また二階から一階へ重い荷物を下ろす時は、一つずつ持って階段を上り下りすると肩や腰を痛めがちですし、かなりの労力を要します。

 

しかし荷物に十字型にビニール紐を取り付け、大きめのベニヤ板の上を滑らせるようにして下ろすと楽に運ぶことが出来ることを発見しました。

 

この作業は階上と階下で二人一組に分かれて、同時に行なうと安全だと思います。

 

せっかくハート引越しセンターで気持ち良い引越しが出来たのに…

 

我が家は小学生の子どもがいる普通の家庭。

 

少し前にハート引越センターを使い、新しい居住地に引越してきました。

 

引越し自体は作業員の方が丁寧に運んで下さったおかげでトラブルゼロ。

 

さすが有名な引越し業者です。

 

むしろ、大変なのはその後である今…とある方の行動に困っている状態です。

 

ハート引越センターのホームページを見る前に。

お向かいのおばさまは60代で、ご主人が単身赴任なので一人暮らし状態。

 

おばさまが台所に立つと、窓から我が家がよく見えるようで、いつも我が家が何をしているかおばさまは気になるのか、たまたま目にとまってしまうだけなのか、会うたびに言われます。

 

『昨日はお友達たくさん来てて楽しそうだったね。』

 

『今日はご主人仕事行くの早かったのね。』

 

『昨日はご主人の車とまってなかったけど、飲み会か何か?』

 

『2?3日 子ども達の声聞こえてこなかったけど、どこかに行ってたの?』

 

『今日は学校の参観日ね。行くの?』

 

などと、おばさまにとっては 何気ない普通の会話をしているつもりでしょうが、私には監視されているような、我が家の行動をすべて把握されているかのように感じてしまいます。

 

おばさまは、悪い人ではないので、大きなトラブルや、嫌がらせなどは全くありませんが、毎日のことなので少し困っています。

 

朝のゴミ出しで会うことが多かったので、ゴミ出しの時間をかえました。

 

外にでる前には必ず窓から外を確認して、おばさまが外に出ている時は時間をずらして、出るようにしました。

 

とにかく顔を合わせないようにしました。

 

あまり避けているのがわかると申し訳ないので、週に1度くらいは顔を合わせるようにはしていますが。

 

その時も、『今日はあそこのスーパーで〇〇が安いんですよ。今から行ってきます!では!』と、一方的にこちらからしゃべって、おばさまにしゃべるスキを与えない。

 

話題は我が家の話ではなく、天気やお店の話などをするようにしています。

 

会話には出てこなくても、我が家が見られていることにはかわりないとは思いますが、それでもおばさまの口からそういう話を聞かなくて済むようになり、気持ちはラクになりました。

 

悪いことはしてないし、別に見られていても平気だし!と開き直ることも大事かなと思っています。